風水・占いを学ぶ

風水というもの

風水,占い

風水に凝っている人が増えていますね。

 

一時期ブームとして爆発的な人気を誇りましたが現在は運気を左右するものとして定着してきたともいえます。

 

日本ではDr.コパさんなどが普及に一役買ったのはいうまでもありません。

 

風水とは、本来の意味は地理的な状況を表す用語となっています。

 

 

 


風水の起源と本来の意味

風水,占い

風水という言葉使われだしたのは、晋代(4世紀頃)の郭璞(かくはく)が書き著した「葬書」からのようです。

 

随分と古くからある言葉ということがわかります。

 

 

風水というのは気を操り、風を操り、気の流れを良くして運気を上昇させようとするものです。

 

 

本来使用されていた用途として、
風水は国を興す場所を探すためのものとして使われていたようです。

 

それが広く一般に普及していったわけですね。

 

 

自分に良い吉方を知り、実践することで運気を上げるということです。
この吉方や凶方というものには8つの方位があるとされています。

 

当然、万人に同じような方位になるわけではなく、
年月によっても変わるものとなっています。

 

吉方は良いことが、凶方は悪いことが起こるとされています。

 


日本の風水とは

こうした上記の内容を踏まえて、日本に伝わっている風水があります。

 

日本の風水の場合は占い的要素が合わさったものとなっていますね。

 

ですので、日本では住居の間取りや家具・インテリアの配置・色に合わせて
金運、結婚・恋愛運、仕事運などが占われているわけです。

 

 

さらには財布などの身につける機会が多いものにも
風水の要素が入ってきているのが日本の流れとなっています。

 

こうした事を踏まえて、インテリアや部屋の関係・色などについて
詳しく解説していくことにしましょう。

 

関連サイト