インテリア(家具)

インテリア選びのコツ

インテリア,家具

インテリアの置く場所や形、デザインによってお部屋の雰囲気は随分と変わるものです。

 

服などのファッションと同様にインテリアなども個人のセンスや趣向がでるものですね。

 

暖かい落ち着いた感覚を醸し出すのが生活するにはよい環境ではないでしょうか。

 

家具のカラーは多彩は色を混ぜるのではなく、2色3色ぐらいに決めると統一感がでてまとまりが出ます。

 

また、同系色か反対色を取り入れることで違和感が無くなります。

 

初心者であれば同系色でまとめるとよいでしょう。

 


大切な照明選び

インテリア,家具

インテリアの中で大切なポイントとなってくるのが照明です。

 

色も大切な要素ですが、照明が変わるだけでも与える印象が大きく変わるものです。

 

蛍光灯の家は白っぽく、白熱灯の家はオレンジ色に輝いています。

 

白熱灯は印象が暖かく、趣のある空間を作り出すことができます。

 

特に、雰囲気を出したいのであれば、光を弱くして間接照明を利用するのがベターです。
壁や天井などに光をあてて反射されることで落ち着いた空間が出来上がります。

 

観葉植物にはスポットライトを使って、下から上へ光をあてるのもテクニックの一つです。

 

通常、下から光がでることは無いので
こうした光の使い方をすることで幻想的な空間が生まれるのですね。

 


ぬくもりのある空間造り

また、ナチュラルな木の素材を使った家具を中心に、
自然素材の小物やファブリックなどのインテリアを使うと、
明るくぬくもりのあるくつろいだ雰囲気の空間をつくりだすことができます。

 

インテリアなどの家具は高価なものが多い印象がありますが、
最近ではオシャレで安価なブランドもあります。

 

日々暮らす生活空間に癒しを与えるものとなりますので、
こだわりを持って空間を演出してみるのもよいでしょうね。

 

関連ニュース