一人暮らしの悩み

一人暮らしを始めるコツ

一人暮らし,部屋

春になると大学へ進学したり、就職、転勤など一人暮らしを始める人や環境が変わる人が多くなります。

 

特に、初めての一人暮らしには戸惑うこともたくさんあります。そんなあなたへちょっとしたコツをご紹介していきましょう。

 

 

なんといってもまずは住む場所を探すことから始まります。

 

アパート、マンション、下宿など選択の幅はありますが、
どの地域に住むのか、払える家賃や間取りなどの広さ、オートロック、ネット環境などの設備まで希望の条件をある程度決めておくとスムーズに進みます。

 

特に女性の一人暮らしは安全性を考慮しなければなりません。
オートロックだけでなく、1階や2階は避けるなどの配慮もしておくといいでしょう。

 


下見で部屋をチェックする項目

部屋を下見するときのチェック項目は、間取り、給湯設備、照明機器、
洗濯機置き場、キッチンスペースの確認などです。

 

同じ建物の住居人がどんな年代の人が多いのか?
近隣の治安状況など知らない土地では最低限聞いておくことが必要です。

 

また、昼と夜で部屋の周囲の環境が変わることがあります。

 

例えば昼間は人通りも少なく、静かな環境だったのが、
夜は酔っ払いや騒音で寝ようにも眠れないということもあります。

 

また、近隣の住民が若い人達であれば夜中に集まって騒ぐこともありえます。
さらには、クレーマーなどの人が住んでいる場合もあります。

 

最近は近隣の付き合いで揉め事が発生することが多くなっていますので
不動産屋の営業マンにも、周囲の環境のことをよく聞いてみるようにしましょう。

 

料金を安く抑えるには

一人暮らし,部屋

初めて不動産屋に行く場合は、1人で行くよりも引越し経験が豊富な人や新しく住む地域のことに詳しい土地勘のある人と一緒に行くとよいと思います。

 

もちろん信頼の置ける不動産屋を利用するようにしましょう。
一度賃貸契約を結び引越ししてしまうと、簡単に部屋を変えることは時間や手間がかかります。

 

次に、住む住居が決まり引越しとなると
大体どれくらいの料金がかかるか見積もりを取ってもらいます。

 

料金は曜日や時間帯によっても変わります。

 

また割引サービスを受けられることもありますので、
引越し業者に尋ねてみると良いでしょう。

 

荷物が少なく、距離も離れていないような状況であれば軽トラックをレンタルして
友人などと引越しするのも料金を安く抑える秘訣です。

 

また、宅急便などを利用してみるのもいいでしょう。
引越し業者の見積もりと比較して検討してみるとよいと思います。